α6500ファームウェア1.01にアップしたらタッチ液晶の感度改善!

α6500ファームウェア1.01にアップしたらタッチ液晶の感度改善!

sd Quattroからメイン機の座を奪いつつあるうちのα6500。あらゆる機能が高水準で本当に使いやすく、すっかりお気に入りのカメラになりました。

そのα6500に早くもファームウェアのバージョンアップのお知らせが来たので、早速バージョンアップをしてみました。

スポンサーリンク

α6500ファームウェア1.01概要

アップデート内容

公式に発表されたアップデート内容はこれだけですが、未確定情報ながら、タッチ液晶の感度が良くなるとの情報も。

アップデートの方法

とりあえずサイトに書かれている通り間違いなく確実に行います。

α6500のファームウェアをバージョン1.01に

データをダウンロードし、アップデート方法に書かれている通りにアップデータのソフト立ち上げるとこんな感じの文言が出るので待っていましたが、

α6500のファームウェアをバージョン1.01にでエラーが

何故かこのようなエラーメッセージが流れて失敗。

アップデータとカメラを一旦終了し、再度このメッセージ通りにソフトを立ち上げたら今度は成功しました。

α6500のファームウェアをバージョン1.01にアップデート中

アップデート中はこのような画面がPC(うちはMac)に表示されて下に緑のバーが出るので、
このバーが右端まで行けば無事アップデート終了となります。

ちなみに掛かった時間はうちのiMac 5K Late2014(ちょっと古くて性能も低め)で丁度10分。結構待たされるので、途中で止めないように確実に行いたいものです。万一があるとカメラを修理に出さないといけなくなりますので。

明らかにタッチ液晶の感度がアップした!

で、肝心のタッチ液晶の感度ですが、公式発表にはないものの、早速試してみた感じでは確かに感度が良くなっているんじゃないかと感じました。

私の場合はタッチAFの精度等は問題がなかったものの、乾燥肌なのも手伝ってか、ファインダー覗きながらのドラッグAFが稀に認識しない症状がありましたが、パッチを当てたら確実にできるようになりました。

恐らく「感度がイマイチ」との評判を聞いて修正を入れきたのではないかと思います。「その他動作の安定性向上」に含まれているような気が。

いずれにしろこれで更にα6500が快適になりました。もしまだファームウェアのアップデートを行っていない方がいらっしゃったら是非早急にアップデートすることをオススメします。