α6500の5軸ボディ内手ブレ補正がいまいちなんだが...

α6500を購入

α6500が発売日に届いたので、早速毎日使って色々チェックしています。

スポンサーリンク

α6500の気に入った点

サイズ感とボディの質感

ボディサイズはかなり小さく、重さはそれなりにズッシリしているものの、それが高級感に繋がっているし、フルマグネシウム合金ボディは上の写真のように質感が素晴らしく、カメラ好きの所有感を十分満たしてくれる作りに仕上がっています。

カメラ好きとしては、どんなに性能が良くてもボディの質感がダメなのは使いたくなってしまいます。

シャッター音

シャッター音は高音気味で控えめなとても気持ちが良い音が鳴ります。私が持っている同じソニー製のα7Sは音が結構うるさいですけど、α6500のシャッター音は遥かにマシになってました。

タッチパネル式液晶

前評判が悪かったタッチパネルですが「どこが?」って感じ。ドラッグ時の遅延はあるものの、動態追うのに使うわけでもないし、個人的には許容範囲内。タッチシャッターが無いのは残念ですが、普通のスマホ並にタッチの精度も高いし、使い勝手は抜群に良いです。

α6500の気に入らなかった点

全体的なもっさり感

もっさり感に関しては、十分なレベルなんですけど、電源オン時やスリープからの復帰、AFの合焦速度等、他のミラーレスカメラと比較して速いとは言えず、期待が大きかった分ちょっと残念でした。パナとか本当に速いですから。

もっともここら辺はまだまだ開発余地をあえて残しているのかも。やるだけやっちゃったらα7000とか必要なくなる訳で。

AF精度

AFの精度に関しては初めての4Dフォーカスに期待が高まった訳ですが、やっぱりなかなか思い通りにはピントが合わないもんだなと。動き回る猫なんかでもあちこちピントがバラけたり、大きくハズしたりもするし。

それに比べて驚いたのはやっぱりOM-D E-M1 Mark IIのAF。この動画なんか見たらフォーカスエリアがちゃんと猫の形に沿って追従していてビックリしました。

もっともα6500は使い始めたばかりでまだよく理解できていない部分も多いから、実際はこんな感じでAF追従させられるのかも知れませんが。なんかやたらと点で合わせたがるんですよねー。

5軸ボディ内手ブレ補正

私自身ボディ内に手ぶれ補正がついたモデルは初めてで、「5軸」とかいうから勝手に「相当凄いんだろう」と期待しすぎてしまったからなのかも知れませんが、どうもあまり効きがよろしくないように感じます。

静止画だと室内では1秒とかなんとかいけたものの、昨日外に持ち出して撮ってきた際は、1/6秒とかが限界で、しかもそれすらかなり怪しいと言うか等倍で見るとブレてて酷い写真を連発してしまいました。合計80枚中、なんとか見れるのが3枚。あとは全部ゴミ箱行きと散々な結果に。

自分ではしっかり構えてピタっと抑えたつもりで、ファインダー上でも液晶でも止まるのは確認できるんだけど、家帰って確認したら…って感じ。

α6500の5軸ボディ内手ブレ補正チェックに使ったE PZ 18-105mm F4 G OSS SELP18105G

しかもOSSつきの「E PZ 18-105mm F4 G OSS SELP18105G」をつけて撮影して、サイレントシャッターまで使ってみたのですが…。

感覚的にはレンズ内だけしか効いていない程度の手ぶれ補正機能しか実感できませんでした。

α6500ボディ内手ぶれ補正テストサンプル

α6500手ぶれ補正テスト

α6500手ぶれ補正テスト

α6500手ぶれ補正テスト

α6500手ぶれ補正テスト

撮影したテスト写真はこんな感じ。また滝に行ってきたですけど、撮影場所は先日記事にした生田の滝です。この日はsd Quattroとα6500を持って行って、ちょっとした撮り比べなんかもしてみました。

それにしても改めて見直してもブレてますね。シャッタースピード1/6とかなのになぁ。うーん困った。

α6500のボディ内手ぶれ補正は期待しない方が良いかも

まだまだ検証が必要ですけど、静止画撮影時のみならず、動画の方でも手持ち撮影時の手ブレ補正の効きもよくないのがYouTubeにアップされていたりしていて、手ぶれ補正の効きがイマイチよくないのは私だけが感じている訳ではないようです。

α6500自体は非常に好評のようで、売り切れ続出のようですが、ご購入を検討中の方は5軸ボディ内手ブレ補正に関してはあまり期待しないでおいた方がよいかも知れません。

もっとも手ブレ抑えるのが上手な人はしっかり効きを確認できるのかも知れないし、私自身は手ブレさせない技術がある方では決してないことは付け加えておきます。