【悲報】EOS 5D Mark IVと6D Mark IIが防塵防滴に配慮になってた件

毎日忙しい上に、本当に梅雨明けしたの?ってくらい毎日毎日天気が悪くでサッパリ写真や動画を撮りに行くことが出来ずフラストレーションが溜まり気味の管理人です(^_^;)

梅雨明けで天気が悪いといえばカメラの防塵防滴の話。

防塵防滴性能が素晴らしいとされるカメラメーカといえば、オリンパスとペンタックスでしょうか。

特にペンタックスに関しては、昔この動画観て衝撃を受けた記憶を今でも鮮明に思い出します。

スポンサーリンク

批判されるソニーの防塵防滴配慮の表記

一方で私が4台(うち2台はコンデジ)も所有していて昔から大好きなソニーのカメラはと言うと、「防塵防滴に配慮」と、必ず「配慮」と言う微妙な表現がくっついてきて、どの程度の防塵防滴性能なのかが分かりにくい微妙な言い回しが度々批判に晒される羽目になっています。

防塵防滴に「配慮」のα7Sとα6500

私が所有しているα7Sとα6500の両機共にやはり「防塵防滴に配慮」と配慮の文字が入るため、実際どこまで雨濡れ等に対応可能なのかが不明なため、晴れの日以外はこの時期は外に持ち歩くことが出来ていません。

万一、小雨程度の雨濡れなんかで故障した場合で「防塵防滴って書いてあるのに壊れたじゃん!」とソニーに詰め寄ったところで「配慮と入れていますから」と言われたら終わりですから。

何故かCanonのカメラが防塵防滴に配慮に

何かと問題視されているこの「防塵防滴に配慮」の微妙な言い回しなのですが、何故かCanonがしれっとソニーの後に続いていたことをご存知でしたでしょうか?

カメラは防塵・防滴に配慮した構造になっていますが、砂塵や水滴などの侵入を完全に防ぐことはできません」今まで一切書かれてこなかったこのような文言が公式サイトで入るようになりました。

http://cweb.canon.jp/eos/lineup/5dmk4/feature-reliability.html

5D Mark IIIも6Dも、80Dはおろか

私が所有している60Dですら防塵防滴性能の紹介欄に「配慮」の文字はありませんでした。実際60Dがどの程度の防塵防滴性能があるのか試したことありませんけど。

5D Mark IVから防塵防滴に配慮に

「防塵防滴に配慮」と公式サイトに記載されるようになったのは5D Mark IVからのようで、6D Mark IIもこれに続いています。

Canonの防塵防滴性能は低くなったのか?

Canonに問い合わせたわけでもない(Canonカメラ買う予定もないし)ので推測に過ぎませんが、恐らくクレーム対策で配慮の文字を付け足すことにしたのではないかと。

今の日本人モラル低いの多いから、難癖つけてくる人も増えていて、仕方なくこの配慮の文字を入れるようになったのでは?

多分防塵防滴性能は今までのCanonのカメラと変わらないはず。

でも、結局は今までも「配慮」レベルの防塵防滴性能しかなかったってことになるのかも知れません。ソニーやパナソニックのカメラなんかの防塵防滴性能と大差ないんじゃんと。

オリンパスやペンタックスはやっぱり凄い!

そう考えるとハッキリと防塵防滴!と明言しているオリンパスやペンタックスのカメラの防塵防滴性能はやっぱり凄いですね。

私は様々なメーカーのカメラを使ってきているのに、この2社(リコーはありますが)のカメラだけは使ってみたことがありません。

最近は動画も撮るようになっているから、強烈な手ぶれ補正も一度体験してみたいし、次は値段が下がったところでOM-D E-M1 Mark IIかな。