【悲報】無料で使えるソニー純正RAW現像ソフト「Imaging Edge(Edit)」全く使い物にならず

私はRAW現像ソフトとして定番のAdobeの「Lightroom&Photoshop」の組み合わせが利用可能な「フォトプラン」と呼ばれるコースを利用していますが、そろそろ契約の終了時期が迫ってくるので、もっと安価に使える何か別のソフトが使えないか色々と調査中。

Lightroomは写真管理ソフトも兼ねているため非常に使いやすいですし、私の場合は様々なメーカーのカメラを愛用していますから、どのメーカーのカメラで撮影したRAWファイルも読み込めて同様に現像可能なLightroomは、このソフトだけを覚えてしまえば良いため、本当に重宝しています。

とは言え、私のようなライトユーザーにとって「サブスクリプション」と呼ばれる月額課金制で毎月税込1,029円支払わなければいけない(年払いだと若干安くなる)Adobeのソフトはお金が勿体無いのも確か。

Photoshopの方はほとんど利用していないし、Lightroomに関しても普段は撮影してきたら外付けHDDにぶっこんで終わりですから。

というわけで、とりあえずメインで愛用しているソニー製のカメラ「α7R III」で無料で使えるソニー純正のRAW現像ソフトを試してみることにしてみました。

ソニー純正RAW現像ソフト「Edit」とは?

以前は「Image Data Converter」と呼ばれていたソフトがソニー純正のRAW現像ソフトだったようですが、今現在はこの「Imaging Edge」と呼ばれるソフトの中の「Edit」と呼ばれるソフトがソニーの純正RAW現像ソフトになります。

  • Remote・ライブビューを利用した精緻なリモートコントロールと高速画像転送を行えるアプリケーション
  • Viewer・撮影した画像の閲覧や撮影時に付与したレーティングの編集、Edit で行った編集を一括適用することができるアプリケーション
  • Edit・カメラと連携した高品位な画質調整がおこなえる RAW 現像アプリケーション

「何でわざわざ分割してんねん!」と怒りたくなる人もいるかも知れませんが、「Viewer」と「Edit」は連携されていて「Viewer」で閲覧した写真を「Edit」で開けるようにはなっています。

「Remote」に関してはいわゆるテザー撮影用のソフトだから一般的には必要がなく使わない人も少なくないでしょうから、各ソフトを統合して重くなるよりは分割していた方がマシなのかも。

ちなみに「Remote」は、α7R IVからはWi-Fiにも対応しているとのことなので、いちいちUSBケーブルでカメラとPCを繋ぐことなくテザー撮影が出来てしまうようです。

「Edit」の使い方

使い方自体はソニーの公式サイトに詳細な説明が掲載されているので割愛しますが、基本的にLightroomを使っている人なら特に調整項目なんかはほとんど一緒ですから迷うことなく使えます。

Lightroom同様にソフトの右側にパラメータを調整する様々なツール類が配置されている形。

速度的な話に関しても、私のMacは「iMac 5K Late 2014」と名前の通り2014年モデルの古いiMacなのですが、α7R IIIのRAWデータでもパラメータをいじれば瞬時に適用されて写真が変更されるからイライラはありませんでした。

ただし、何かパラメータをいじる度に最下部に青いバーが表示されますので、実際に変更が適用されるのはこのバーが消えてからってことになるみたい。

「Edit」が使い物にならなかった理由

「ごみ取り機能」が無い

このソフトまずはLightroomでいうところの「スポット修正」にあたる「ごみ取り機能」がありません

そもそもソニーのミラーレスカメラはセンサーダストが付着しやすいってのに「ごみ取り機能」が無いのは致命的。

ゴミに限らず不要な部分(ドラちゃんの目はもちろん不要じゃありませんが、分かりやすい一例として)を消したりごまかしたりが可能なこの機能が無いと、例えば猫の目ヤニを消したりも出来ませんから、猫の写真をメインで撮ってる私にとっては正直この段階でこのソフト1本のみで現像を済ませるのは無理でした。

自動補正機能が無い

押せば一発で見栄えの良い写真に修正してくれるAdobeご自慢の自動補正機能。

なんか「Adobe先生」とかAdobeの人が呼んでいましたけど、確かに先生と呼びたくなるくらい一発で綺麗な写真に仕上げてくれるオート機能で、シャドウを持ち上げ過ぎるのは鼻につくものの、このボタンを押してから個々で好きな色にパラメータを調整すれば良いわけで、非常に重宝する機能なのですが、これに該当する項目が残念ながらありませんでした。

そうじゃなくても「ソニーのカメラは色が悪い」とか散々言われているわけで、ここは頑張ってつけてくれれば良かったなと。

ソニーの純正ソフトを使えば「肌色なんかオート一発で綺麗に仕上がります」みたいな。

ちなみに色味に関しては、Lightroomで言うところの「プリセット」の類も一切ありません。

補正ブラシが無い

こちらもLightroomには標準で用意されている写真を部分的に補正することができるツールで、例えばこの写真のように猫の目だけを選択して色を調整したりと非常に良く使いますので、これが無いのも個人的には致命的でした。

HSL/カラーが無い

写真内の特定色のみ効果を加えることが可能で、例えば植物の緑だったり、空の青だけの色やら彩度、輝度をいじれる機能で、個人的には良く使うのでこれが無いと使い物になりません。

「Edit」は未完成ソフト

このソフト2019年8月7日に新しいバージョンの2.0.00がリリースされたばかりでしたから、もう少し使えるようになったのかと今回使ってみましたけど、相変わらずこれでは使い物になりません。

α7R IIIはピクセルシフト撮影が可能な機種で、この機能で撮影した数枚の写真を合成するのにこの「Imaging Edge」を使う必要があるから、一応前々から私のMacには入ってはいましたが、そもそもピクセルシフト自体ほぼ使わなかったからこのソフト全く使っていなかった・・・。

本当に基本的で必要最小限のRAW現像機能しか備わっていないため、普段Lightroomを愛用している方がこれに変更してこのソフトのみで運用していくのはほとんど人がまず無理かなとは。

そもそも「ごみ取り機能」が無いのは致命的ですし、せめてこれらのスポット系のツールが備わらない限りはメインで使っていくのは個人的には無理です。

まぁ、まだまだ未完成のソフトだってことはソニーも自覚しているでしょうから、今後のアップデートには期待はするつもりですけど。

っていうか、昨今のカメラ自体の性能・機能共に本当に各社素晴らしく上がっていて、ぶっちゃけどのメーカーのカメラを買っても満足できるのに、純正ソフトのクオリティは本当に酷い(全メーカー使ったわけじゃないが)のが現状なのよねー。

今後はカメラやレンズに加えてソフト開発の方も力を入れると消費者がそのメーカーを選ぶ一つの要因にもなるのではなかろうか?

実際「BMPCC4K」だって有償版の「DaVinci Resolve Studio」が無料で付属するってことで動画をガッツリやってる人達には非常に喜ばれているわけで。

ちなみにソニーの場合は無料で使えるRAW現像ソフト「Capture One Express (for Sony)」ってソフトがありますので、これを使うという手もあったりします。

このソフトはソニーと富士フイルムが無料版を使えるため、一度使い方を覚えてしまえばソニーのカメラからフジのカメラに買い替えたり、フジのカメラを追加した際にも操作に困らないので、一度使ってみると良いのかも知れませんね。

って私も一度も使ったことがないから今度使ってみようっと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)