全部無料!FCPXで役に立つタイトル、エフェクト、トランジション等フリープラグイン配布サイト

全部無料!FCPXで役に立つタイトル、エフェクト、トランジション等のプラグイン配布サイト

せっかく高いお金を支払って購入したFinal Cut Pro X(以下FCPX)なので、少しはまともな動画を作れるように勉強中。

今まで使っていたiMovieがシンプルかつ直感的で非常に分かりやすいソフトで、殆ど予備知識無しに動画が作れたのに対して、やはりFCPXはプロも愛用するソフトだけに、機能が豊富でなかなか難しく、すぐにつまずいてはネットでワード検索して理解してを繰り返しています。

とは言え、今はいちいち紙のマニュアルで調べる必要はなく、分からない箇所はネットで検索すりゃ直ぐに答えが出てくるんだから本当に良い時代になったものです。

特にYouTubeですね。あれみりゃ腐る程チュートリアル系の動画がありますから。

そんなわけで、今回は備忘録も兼ねて、YouTubeで見つけたFCPXのフリーのタイトル、エフェクト、トランジション等を配布しているサイトをご紹介します。

Simple Video Making

サイト名は「Simple Video Making」で、海外のサイトですが、FCPXで使える無料のタイトル、エフェクト、トランジション等のいわゆるプラグインを配布してくれている有難いサイトです。

無料のプラグインをDLする方法

まずは「Simple Video Making」に行きます。

全部無料!FCPXで役に立つタイトル、エフェクト、トランジション等のプラグイン配布サイト

サイト上部メニューの「FREEBIES」をクリックして表示される全てのプラグインが全て無料!とビックリするほど太っ腹なサイトです。

プラグインファイルをDL(ダウンロード)するにはこのアイコンをクリックします。

DL後の使い方までちゃんと教えてくれているので、各DLページを隅々まで見るか、YouTube動画を観て下さい。

って言うかお礼の意味も込めてYouTube動画を観るのが良さげ。

YouTube動画を観ることで間接的に(支払うのはGoogleだから)0.1円とか寄付してお返しが出来ますし。

DLの際の注意点

Simple Video Makingから飛ばされるDLサイトがフィッシングサイトとの警告が

DLする際は「Simple Video Making」とは別サイトに飛ばされますが、クリックしてDLするとフィッシングサイトへのリンクが貼られている(本当かどうかは不明)ようで、カスペルスキーが反応しました。

DLしたファイルにウイルスが混入していないのは私がチェックして確認済みですが、DLする際に表示されるサイトへのリンクはクリックしないようにしましょう。

まぁ無料でDLできる場合は往々にしてこのようなケースがありますね。

「Simple Video Making」がファイルを置かせてもらっているサイトが怪しげなサイトに飛ばしている可能性があります。

DLだけして、表示されるリンクはクリックしなければ全く問題ありません。

特におすすめの無料プラグイン

アニメーションタイトルやトランジションも魅力的ですが、海外で「callouts」とか呼ばれているアニメーションタイトルが魅力的。


私が作ってみたこの動画の最初に使用している矢印が入ってオブジェクトを指すやつは、この「Simple Video Making」のcalloutsを使わせてもらいました。

この手のcalloutsがFCPXのみで作れるのか、Motion5が無いと作れないのかは私は分かりませんが、私のようなド素人でも簡単にこのようなコールアウトタイトルが設置出来ますので非常にオススメです。

この「Simple Video Making」以外でもFCPX用の無料プラグインを様々なサイトが配布しているので、また別の機会にご紹介したいと思います。

無料プラグインのインストール方法

説明がざっくり過ぎて分かりづらかったようなので「Simple Video Making」からダウンロードしてきたプラグインファイルをFCPXにインストールする方法の一例を追記しておきます。

上でオススメしているCalloutsタイトルをインストールしてみる方法です。

  1. CalloutタイトルのページにGO
  2. DLマークのアイコンからファイルをDL
  3. DLしてきたZIPファイルを解凍
  4. 「.motn」ファイルを以下の「Motion Templates」フォルダ内の「Generators」に入れる
  5. これでFCPXを立ち上げてジェネレーターを見れば自動で入っています
こんな形。

「.motn」というファイルは、AppleのMotionで作成したファイル形式です。

「Motion Templates」フォルダの場所は「ムービー」の中にあります。

コンピュータ上の「/ユーザ/ユーザ名/ムービー/Motion Templates/」フォルダ

「Motion Templates」フォルダの中の「Generators」フォルダに

「.motn」ファイルを入れる形。

私は分かりやすいようにフォルダを作成してその中に入れました。

これでFCPXを立ち上げれば、DLしてきた無料のCalloutプラグインが使えるようになっているはずです。

注意点があるとするなら、Calloutプラグインはジェネレーターのプラグインだから「Generators」フォルダに入れましたが、エフェクトプラグインなら「Effects」フォルダに、トランジションなら「Transitions」フォルダに間違えずにプラグインファイルを入れることくらいです。

2 Comments

Sunta

こちら、ダウンロードした後にどうやってFCPXのアプリ内に追加するのでしょうか?

返信する
管理人hironeko

分かりづらかったようなので、インストール方法を記事中に追記しておきました。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)