α6500で撮影したショートムービーのクオリティが超凄い!


ソニーのα6500で撮影したショートムービーです。

素晴らしいクオリティのちょっとした作品は沢山アップされていますが、この手のストーリー仕立てのショートムービーはなかなか見かけないので、思わず見入ってしまいました。

4K動画じゃないのがちょっと残念ですけど、私が最近観た中ではトータル的な映像クオリティが群を抜いて素晴らしいのでご紹介してみました。

使用機材一覧

使用機材
  1. カメラ:Sony α6500
  2. レンズ:Sigma 30mm f1.4 DC DN、16mm f1.4 DC DN
  3. ジンバル:Zhiyun crane 2
  4. ドローン:DJI Mavic Pro
使用ソフト
  1. Adobe Premiere Pro
  2. Adobe After Effects
  3. Adobe Audition

こんな感じ。

あとはモデルさんを2人用意して自分一人で撮影から編集まで行ったようですね。

プロの方ってわけではないようですが、恐ろしいまでのセンスの良さで驚かされました。

α6500とシグマのレンズがあれば

α6500で撮影したショートムービーのクオリティが超凄い!

それにしても使用機材が私が所有しているα6500とシグマの安価な単焦点2本だけってことも驚きです。

もちろんジンバルとドローンも併用していますが、撮影機材のメインはこのカメラとレンズ2本だけですから。

それでここまでのショートムービーを作れてしまうって、凄い時代になったもんですね。

映像編集ソフトもちょっと動画作っている人たちなら使っているPremiere ProとAfter Effectsだけだし、オーディオ編集ソフトもAdobe Auditionを使っているだけ。

私もセンスさえあればジンバルまで持っているわけだから十分作れるんだけどなー。

ソフトもPremiere Proは無いけど、Final Cut Pro Xはあるし。

一番肝心のセンスが無いだけで(苦笑)

機材だけ一人前でもセンスが無いと宝の持ち腐れってことなんでしょう…。

私は私で自分の出来る範囲で楽しみたいとは思いますけど。

それにしても凄い映像作品でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)