ニコンZ50って防塵防滴じゃなかったの?

ニコンの公式サイト上にあるZ50の紹介ページには確かに「防塵防滴性能」の文字が記載されていたのを記憶しています。

「適切にシーリングを施している」とは書かれているものの、Z6なんかとは異なり、シーリング位置の写真を掲載していなかったことにちょっとした違和感を感じはしましたが、間違いなく「防塵防滴」と書かれているのを確認していて「付属の標準レンズがプラマウントだったら意味ないじゃん」と感じていたのですが、

ここに防塵防滴との記載があった

ここに防塵防滴との記載があった

なんといつの間にか公式サイトの紹介ページ上から「防塵防滴」の文字が削除されていました。

発端はデジカメWatchの記事?

プロカメラマンの今浦友喜さんがデジカメWatchに投稿した記事中

使い勝手の部分に関しては、フルサイズ機のZ 7/6に慣れてしまっているとサブセレクターがないことや防塵防滴仕様ではないといったハードウェア面での差

という一文がありました。

Z50の公式サイト上には防塵防滴の文字が書かれていましたので、「あれ?Z50は防塵防滴じゃないの?」と不思議に思ったのは私だけじゃなかったようで、今浦さんのツイートにわざわざ「Z50は防塵防滴仕様ですよ」と突っ込み入れてる人もいました。

そのようなこともあってなのか、今浦さんがニコンに問い合わせた?のか、ニコンからの正式な回答としてデジカメWatchの記事中に追記で、

ニコンイメージングジャパンへ追加取材したところ、Z 50の環境耐性は「防塵防滴」ではなく「防塵防滴に配慮した設計」であり、レベルとしては一眼レフカメラのD5600と同等であるとの回答が得られました。

と追加されていました。

そもそもD5600は防塵防滴なのか?

私自身は一眼レフはKiss X3、60Dと使ってきているキヤノン派でニコンに関しては全く分からないのですが、調べた限りD5300はニコンの一眼レフの中ではいわゆるエントリーモデルと呼ばれる普及モデルで、発売されて時間が経っているとはいえ、65,000円程度でダブルズームキットが手に入る程度の機種になります。

で、このD5600ですけど、ニコンの公式サイト上では防塵防滴のカメラであるとは一切書かれていません

もちろん適切にシーリングが施されているとも一切の記載はない

価格コムのスペックシートで確認しても防塵防滴ではありません。

ですから「防塵防滴に配慮した設計」であり、レベルとしては一眼レフカメラのD5600と同等であると言う今浦さんの問いに対するニコンの正式な回答には非常に違和感を感じます。

そもそもD5600って防塵防滴に配慮どころか、防塵防滴ですらないカメラなんじゃないの?と。

結局のところZ50は防塵防滴なの?

  • 何故防塵防滴の記載を削除したのか?
  • 削除した理由は?
  • 「防塵防滴に配慮」であるなら何故その通り記載しなさなかったのか?
  • D5600と同等ってどの程度の性能なの?
  • そもそもD5600は防塵防滴では無いのでは?
  • シーリングは本当に適切に施されているの?

等々、突っ込みどころ満載のZ50の防塵防滴性能。

間違いなくZ50の紹介ページには「防塵防滴」と書かれていましたから、それを鵜呑みにして予約している人たちだって少なからずいるわけで、実際の性能がどうなのかはちゃんと公式サイト上に記載すべきでしょう。

本当に「配慮」程度の性能でもあるのであれば「防塵防滴に配慮」したと記載すれば良いだけで。

こっそり消したってみんな見てるんだからバレバレです。

ちなみに価格コム上では今でも防塵防滴に○がついていました

まぁでも普通に考えれば、防塵防滴と書いていたのに削除したということは、本当は防塵防滴では無かったと考えるのが妥当だと思いますけどね。

MEMO
追記になりますが、マップカメラの販売ページにニコンの公式サイト上から削除される以前の文言が未だにそのまま掲載されていることに気付きました。

・堅牢性/防滴・防塵性能
ボディーには堅牢な金属を使用し、軽量化を達成しながら高い剛性と耐久性を実現しています。接合部には効果的なシーリングを施し、悪天候でも安心して撮影できる高い防塵・防滴性能を確保。厳しい撮影環境での風景撮影や、屋外で長時間撮影することが多いインターバルタイマー撮影にも安心して臨めます。

https://www.mapcamera.com/item/4960759903624

これだわ、防塵防滴云々部分の文言が削除される前に私が読んだの。

公式サイトの製品説明で削除された文言が未だに販売サイトで掲載されているのは誤解を招くから非常に由々しき問題だと思われますが・・・。

ダストリダクションシステムも無い

センサークリーニングシステムに関しても公式サイト上に記載があったのに、後に削除されているとNikon Rumorsが伝えていました

防塵防滴性能といい、センサークリーニングシステムといい、予約開始した段階でスペックシートに記載していた性能を削除するってあり得ないし、あってはならない話。

機能・性能を水増しして記載していたんだから、仮にケアレスミスだったとしても一般的な常識のある企業なら公式に謝罪してから訂正するのが当たり前で、こっそり削除して無かったことにするとかまともな企業のやることじゃない。

ニコンは社長が交代して少しはマシになるかと思いきや、全然変わらないどころか益々悪くなってんじゃね?

つーか、Z50の標準レンズの2本もよくプラマウントで上の人間がOK出したよなと。

小型軽量の小さい方ならまだしも、望遠まで今時プラマウントって・・・。

J5使ってニコンの光学性能が優れていることは良く分かったし、今でも技術者たちはトップレベルの凄腕揃いなんだろうけど、いかんせん上に立ってる連中がダメダメなんでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)