α7RIIIのグリップはジェットダイスケ氏が言う通り「不愉快」なほど握りづらいのか?


人気YouTuberのジェットダイスケさんがα7RIIIのサイズ感について「小指あまり問題」、「フロントヘビー」、「バランスが悪い」、「縦グリなしでは使ってて不愉快」と散々な評価を下していましたので、普段ミラーレスをメインに様々なサイズのカメラを愛用している私が使ってみたα7RのIIIグリップの握りの正直な感想を。

Canon60Dとα7R IIIのサイズ比較

その前に現在私が所有している唯一のDSLRがCanonの60Dだけなので、一般的なカメラと比較して大きめの60Dとのサイズ感を比較してみることにします。一応この60Dとsd Quattroが私が所有しているカメラの中では最大の大きさになります。

ちなみに60Dは名前通り、現行の80Dの2世代前の機種(APS-C)で、80Dとサイズ比較してみると、幅が若干大きいだけで、ほぼ一緒のサイズ。ジェットダイスケさんは80Dも愛用してらっしゃるようですね。

Canon60Dとα7R IIIのサイズ比較

上から見るとこんな感じで、やはり60Dの方が一回り大きい感じ。特に違うのはボディ全体の厚みですね。これは実際にグリップを握ってみると違いを感じます。

ただ、こうやって並べてみるとカメラの幅自体ははあまり変わりません。

実際サイズを比較すると、60Dの幅が約144.5mmなのに対し、α7R IIIは約126.9mmと約17.6mm(1.76cm)しか違いませんでした。若干小型の80Dの幅は約139.0mmなので、その差僅か約12.7mm(1.27cm)と更に差が縮まります。

  • 60D:約144.5(幅)x105.8(高さ)x78.6(奥行)mm:重量約755g
  • α7RIII:約126.9(幅)x95.6(高さ)x73.7(奥行き)mm:重量約657g

なお、公式サイトに書かれているサイズはこんな感じでした。

グリップの厚み

この部分は公式サイトに寸法が掲載されていないため正確なサイズ比は出来ませんが、並べて比べてみると写真の通り、実際は殆ど差はありません。

実際に握ってみるとやっぱり60Dの方が厚みを感じるのは確かですが、α7RIIIのグリップは同程度に深めです。

グリップの高さ

α7R IIIのグリップはジェットダイスケ氏が言う通り「不愉快」なほど握りづらいのか?

ここはちょっと差があり、約1cmくらいでしょうか。

成人男性の小指を測ると約1cmくらいですから、DSLRからミラーレスのα7R IIIに乗り換えたりした方はこの差で「小指あまり」を感じるかも知れません。

もちろんこれはAPS-Cの60Dとの比較になりますから、Canonのフルサイズ機の5D Mark IVを常用されていて、尚且つ5D Mark IVにバッテリーグリップを着けているというジェットダイスケさんにとっては、α7R IIIに重めのレンズを取り付けると「小指あまりで不愉快」と感じてしまっても納得はいきます。

ただ、写真を見てもらってお分かりの通り、実はα7RIIIってそんなに小さいカメラじゃないんです。初代の頃のα7シリーズよりもボディの厚みは5軸手ぶれ補正や4K動画撮影時の放熱性の確保のために分厚くなっていますから。

α7RIIIのグリップは不愉快なほど酷いのか?

で、「不愉快」と言えるほどα7RIIIのグリップは酷いのかに関しては、様々なサイズのカメラを愛用している私的には明確に「」と訴えたい。

そもそもα7R IIIのグリップは十分深くてしっかり握れます。「大きく重いレンズをつけるとフロントヘビーになってバランスが悪い」のは当然でしょうが、普通撮影時は左手をレンズにそえますから全く関係ありません。

そもそもこのサイズ感でフルサイズ&高画素機だからこそ価値があるわけで、これよりデカくなったら本末転倒です。

動画へのコメントで「小さい物は大きくできるが、大きい物は小さくできない」のような上手いことを書いている人がいましたが、まさにそれが正論で、小指があまって不愉快と感じる人は別に用意されている縦グリやグリップエクステンション(GP-X1EM)でもつければ良いだけの話じゃないですかね?実際ジェットさんも縦グリ買ったそうですから。

もっともグリップエクステンションに関しても「1万円以上もする」とか仰ってましたが、どのメーカーのこの手のアクセサリーでもそのくらいするでしょう。フジのX-T20用のアシストグリップなんかもっと高かったし。

ちなみに、私は余程大きい(もしくは小さい)以外のどんなカメラでもグリップは中指と薬指の2本だけで握り、小指は必ず底面に置いて構えています。ですから、むしろ小指は自分であまらせる形。この特殊?な握り方もあって「小指あまり」に賛同出来ないって言うのはありますね。

タッチ液晶を鼻で誤操作?

これもジェットさん語ってますが、試しに私も鼻で操作してみようと思いましたが、私の鼻では全く反応しませんでした。

これはどちらが特殊な鼻なんでしょうか?

鼻で液晶をなぞってみたり、タップしてみたけど、全く反応しません。もちろん指には反応します。

ただ、α6500の方は鼻でも反応はしました。

いずれにしても鼻がポンと触れたくらいでは少なくても私の個体では全く反応しません。「ファインダー操作中に鼻があたるのか?」と聞かれれば日本人の成人男子の平均程度の高さの鼻の持ち主である私の場合でもたまにポンと触れたりはしますけども。

そもそも海外でこれ問題になっているんですかね?本当に誤操作が酷いのであれば、日本人より遥かに鼻が高い欧米人からのクレームで今頃エライ騒ぎになっていると思いますが…。

少なくても私が巡回しているソニーのカメラを愛用している海外YouTuberさん達は何も言っていないけどなぁ?

ジェットさんはわざわざ動画のサムネにも液晶を鼻で操作する写真を掲載していますが、こちらの話に関しては個人的には?しかつきませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)