カメオタが買って本当に良かったカメラアクセサリー厳選5点

カメオタがオススメのカメラアクセサリー5点

カメオタがオススメのカメラアクセサリー5点

機材オタクの私はカメラやレンズ以外のカメラアクセサリー類もかなりの数を買い漁っています。

オススメを聞かれれば20は答えられるのですが、今回はその中から厳選した5点だけをご紹介します。

ANCHOR BRIDGEのレザーカメラストラップ

私はカメラストラップはレザー素材の物しか使わないこともあるからか、カメラストラップ選びは非常に難しく「素材感、デザイン、使い勝手」この自分自身が設けているハードル3点をなかなかクリア出来るストラップに今まで巡り合うことが出来ませんでしたが、とりあえずこのストラップで長年に渡るカメラストラップジプシーに終止符を打てたかなと。

私はお気に入りが決まるまでは買い漁りますが、一旦決まってしまえば5年でも10年でも壊れるまで使い続けるので、通常サイズのカメラストラップはもうこのカメラストラップを愛用し続けるつもり。

そのくらい気に入っているレザーカメラストラップがこれです。

こちらは神戸の革製品工房ANCHOR BRIDGE(アンカーブリッジ)の商品で、KUDUレザーを使用した唯一無二の珍しいレザーカメラストラップ。

肩や首に当たる部分に使用されているKUDUレザーの荒々しい見た目の美しさも気に入っているのですが、肩や首に当たる部分が非常に柔らかいことと、幅が広くて厚みがあることに加えクッションパッドも入っているので、カメラをぶら下げていても疲れない点もお気に入り。

このくらい幅が広いから、ちょっとカメラを地面なんかに置きたい時にこのストラップを下に敷けばカメラ底部の傷や汚れ防止することも可能。

また、何と言ってもこのベルト式でカメラへの着脱が非常に簡単なので、三脚設置時や防湿庫内への収納時には簡単に取り外せますし、複数のカメラで使い回すことも容易な点も非常に気に入っています。

ちなみに私が購入した当時は「ANCHOR BRIDGE × ROBERU」のダブルネームだったのですが、現在はアンカーブリッジのみで販売しているみたいです。

ただし、このベルト式の同様のレザーカメラストラップはROBERUでも販売していますので、

革は異なりますが、同じようなストラップがAmazonや楽天等でも購入可能です。

この着脱方式のカメラストラップは本当に秀逸なので、「ニコン巻き」等でガッツリ固定してしまう他のストラップにはもう戻れません。

なお、KUDUレザー部分がオールデンでお馴染みのホーウィンのホースレザーを使用したバージョンや、バケッタレザーバージョンも用意されていますのでお好みで。

ハクバ カメララップ M

ハクバ カメララップ M

ハクバ カメララップ M

一枚の単なる布切れなのですが、表は撥水生地になっているため不意の雨などの水濡れを防いでくれ、中側は機材に傷がつかないような優しい素材のマイクロフリースを採用したちょっと便利なカメラ用の風呂敷です。

ゴム紐が付いているので、非常に短時間で誰でも簡単にカメラを包めることと、カメラストラップを外に出して巻けるので、カメラを包んだまま持ち運べる点も気に入りました。

薄手なので耐衝撃性はあまり期待できませんが、このままカメラバッグ以外のバッグに入れてもぶつけたりしなければOKですし、レンズ交換時に地面に敷いておくことで、カメラやレンズを汚さずに交換可能だったり、レンズを包むのに使えたりと工夫次第で様々な用途に使えたりもします。

残念な点はこの布の生地が非常に安っぽく見える点でしょうか。

安物のパーカーのフードみたいな印象。

特に私が買ったこの赤は安っぽく見えるので、他の地味目な色の方がベターなのかも知れません。

もっともそもそも激安なんですけどね。

あとは非常に滑りやすいところもマイナス面でしょうか。

ちなみにこのカメララップは日本製です。

サイズはSとMの2サイズ用意されていますが、Mサイズで私の「α7RIII × SEL24105g」の組み合わせでそんなに余裕なく包めるくらいの大きさなので、レンズ交換式のカメラをお使いの場合はMサイズを、コンデジや小型のミラーレスカメラ(取り付けるレンズサイズによりけりですけど)の場合はSサイズをチョイスすると良いかもです。

thinkTANKphoto シンクタンクフォト DSLRバッテリーホルダー

thinktank バッテリーホルダー

thinktank バッテリーホルダー

無くても困らないけど、あれば便利なカメラアクセサリーの代表のようなバッテリーホルダー。

α7IIIのバッテリーのNP-FZ100サイズに対応している他、キヤノンのLP-E6Nも収納可能なサイズ感です。

予備バッテリーを沢山持ってる人には特におすすめなアイテムで、予備バッテリーの普段の収納ケースとしても便利ですし、現場で持ち歩く際にも使えます。

撥水加工が施されているので、万一の水濡れも防いでくれる便利さもあります。

カメラのバッテリーは端子部分が剥き出しになっている物も多いですから、不用意な水濡れで故障してしまう事態を回避するためにもこういうケースに入れておいた方が無難かと。

こちらは写真の2つ用と4つ用が用意されていますので、予備バッテリーの個数に応じた物を購入すると良いと思います。

ちなみにペラペラの薄い素材ですから落下時の衝撃吸収力は大したことありませんので、そういうのもカバーしたい方は

こっちの方が良いのかもしれませんが。

TYCKA レンズフィルターポーチ

TYCKA フィルターポーチ

TYCKA フィルターポーチ

聞いたことないメーカーでしょうが、Amazonで売られている中国メーカーが製造販売するレンズフィルターポーチ(フィルターケース)です。

これがなかなか優秀なポーチで、表地は完全防塵防水仕様、中はフィルターに傷がつかないようにツルツルなクッション素材が使われていて、なおかつこのクッション素材部分はそっくり取り出せるので、汚れてしまった場合もクリーニング可能。

おまけに後ろはマジックテープ式のベルトループが付属していますので、ベルトに装着して現場で持ち運ぶことが出来ます。

ポーチ自体の上蓋もマジックテープで開閉しますので、腰に装着しておくことで簡単にフィルターの取り付け取り外しが可能です。

しかもフィルターサイズは86mmまでOKで、5枚まで収納でき、それプラスSDカード類を収納出来るスペース(ここもクッション素材仕様)が1か所付属しています。

サイズ感も絶妙な上に非常に安価ですので、NDフィルター等を持ち歩く機会がある方はあると便利ですし、もちろん普段のフィルター保管場所としても使えます。

Amazonでのレビュー評価が高いのも納得の商品。

ZECTI レンズポーチ

ZECTI レンズポーチ

ZECTI レンズポーチ

こちらはレンズを入れて持ち運ぶためのレンズポーチです。

レンズ1本だけを持ち歩く際に使えるレンズバッグとして、カメラバッグにレンズ入れる際のクッションバッグとしても使えるのはもちろんのこと、カメラバッグ以外のお気に入りの普通のバッグにレンズを入れて持ち運べることも出来ちゃいます。

この手のレンズポーチも様々なメーカーの数種類購入してみたのですが、個人的にはこのメーカーのレンズポーチが最もコスパに優れているなと感じました。

防水加工が施されたキャンパス素材の厚手で丈夫な生地を使っているのが特徴で、紐までぶっとい紐が使われていますから非常に丈夫ですし、縫製も丁寧で全体的に非常にクオリティが高いレンズポーチに仕上がっています。

また内側の柔らかいフランネル生地もしっかりした生地が使われているので耐久性に優れていますし、もちろんレンズを入れても傷がつくことはありません。

ただ残念なのはサイズをこちらで指定して選ぶことが出来ないこと。

大中小の3セットで売られていて、小のみとか購入することが出来ませんでした。

ちなみに今現在は残念ながらAmazonで安く販売してくれていた業者が撤退したようで、かなり高額な値段で販売している店しかありませんでした。

まとめ

とりあえず今回はこの5点をオススメしてみました。

もちろん万人に好かれる商品は存在しないわけで、いずれも何かしらの欠点はありますけど、いずれも個人的には実際に使い続けて非常に気に入った商品ばかりです。

もし気になった商品がありましたら是非一度チェックしてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)