酷すぎ!DPReviewの画質比較ツールが全く役に立たなかった件

DPReviewといえばChris NiccollsとJordan Drakeが登場するYouTubeチャンネルがスッカリお馴染みになりましたが、ウェブサイトの方も非常に充実しています。

中でも様々なメーカーのカメラの画質を並べて比較できる「Studio scene comparison tool」が価格コム等でも度々リンクが貼られて有名。

DPReviewの画質比較ツール

https://www.dpreview.com/reviews/image-comparison

使い方は非常に簡単で、比較したいカメラをプルダウンメニューから選択するだけ。あとは

  • JPEGで撮影された写真か、RAWで撮影された写真か
  • ISO感度

これらもプルダウンメニューから選択します。

例えば私は各社の高画素機を調べてみたかったので、

各社の高画素機比較
  • キヤノン:EOS R5
  • ニコン:Z7
  • パナソニック:S1R
  • ソニー:α7RⅣ

を並べて比較してみています。

私はRAWでしか撮影しないので、RAWを選択し、とりあえず最低ISO感度のISO100で並べて比較してみました。

比較したい写真の場所は、写真の見たい部分をクリックしてやればその部分を並べて表示してくれる形。

もし高感度画質の比較をしたければISO感度を変更すれば表示してくれます。

このように凄く便利なツールです。

DPReviewの画質比較ツールのレンズは?

ただしこのツールには致命的な欠点があって、カメラ同士は簡単に並べて比較できても、実は肝心の装着するレンズを選ぶことができません

例えば今回の

キヤノン:EOS R5、ニコン:Z7、パナソニック:S1R、ソニー:α7RⅣ

これらカメラ同士の比較だと、

各社カメラ装着のレンズ
  • キヤノン:EOS R5・・・RF50mm F1.2 L USM
  • ニコン:Z7・・・NIKKOR 85mm f/1.8G
  • パナソニック:S1R・・・APO-Summicron 90mm/f2.0
  • ソニー:α7RⅣ・・・FE 85mm F1.4 GM

こんな感じで、F値に関しては各社F5.6で固定で統一して撮影はされているものの、焦点距離からレンズ性能までピンキリのレンズを装着した状態での画質比較となってしまいます。

例えばキヤノンのRF50mm F1.2 L USMはまさに発売されたばかりのキヤノンの最新工学を駆使して作られた最高レベルのレンズで、値段だって30万円近くします。

それと比べてニコンの方は何故かZマウントレンズで撮影はしておらず、FTZアダプター使用で55,000円くらいで買えるFマウントレンズを装着しています。

この組み合わせで画質を比較しろと言われてもニコンが不利になるのは当たり前の話。

実際Z7の方はRAWだと画質云々以前にパープルフリンジが出ちゃってるのが確認できますし。

ちなみにパナソニックのS1Rが装着している「APO-Summicron 90mm/f2.0」というのはこれまたLマウントレンズではなく、ライカのレンズでヨドバシ調べで704,000円もするレンズでした。

これらを並べて「画質比較に利用して下さい」と言われたところで、さすがに何でここまで条件の全く異なるレンズで撮影してるの?としか言いようがない。

ちなみに装着レンズは「iマーク」の上にカーソルを置くと表示されます。

一応の目安としては使えるが

そんなわけで、価格コムなんかを見てると度々目にするこのツールですが、あまりにもかけ離れた性能や価格のレンズを装着して比較しているため、一応の目安程度でしか使い物にならないことは覚えておいた方が良さげ。

特に周辺の画質に関しては最新工学のレンズとちょっと古いレンズ、焦点距離も50mmと90mmとじゃ差が出て当然だし。

とはいえ、これだけ価格の異なるレンズを何で装着してこのツールの写真を撮影してるんですかね?何かしらの意図があるのかな?

Z7なんかアダプター使用って開いた口が塞がらないんだけど・・・。

ちなみにZ6の方はちゃんとZレンズの50mmを使用していました。

α7RIII × 24-70mm F2.8 DG DN

ちなみに、私が愛用しているソニーのα7RIIIには

この安い85mm F1.8のレンズが使われていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)