【実体験!】GooPassがヤバい3つの理由

GooPassを利用中
GooPassを利用中

カメラやレンズのサブスクリプションサービス「GooPass」に実際に入会して機材を借り始めてみていますので、今回はそのお話をしてみたいと思います。

GooPassとは?

月額利用料金を支払ってカメラやレンズ等を何回でも借り放題できる私のような機材マニアにとっては夢のようなレンタルサービスです。

他にもこの手のサービスはありますが、GooPassの場合はとにかく機材の種類が豊富なのと、新商品の入荷が早いのが特徴で、今だとEOS R5やα1なんかもレンタル対象になっています。

あとはDJIのドローンやジンバル、変わりどころだとM1 Macや話題のソニーのスマホ「Xperia PRO」なんかもレンタルのラインナップに加わっています。

機材は1か月間丸々借りてもよし(1週間しか借りられない機材あり)、逆に1か月間に様々な機材を何回も借りるもよし(1回除いて返送料が必要あり)とサブスク形態ならではのレンタルサービスと言えるでしょう。

詳細に関してはGooPassの公式サイトをご覧下さい。

GooPassを実際に使ってみた

レンタル開始までの流れとしては、

  1. 無料会員登録(個人情報とクレジットカード必須)
  2. 審査(免許証やマイナンバーカード)
  3. レンタル開始
  4. 使用
  5. 返却

こんな感じになります。

支払い方法はクレジットカードのみなので、必ずクレジットカードが必要になるのと、審査として顔写真付きの免許証やマイナンバーカードの提出が必須となります。

免許証等の情報はスマホで写真撮影してサイトからアップロードするだけなので手間はかかりません。

審査も私の場合は即日OKだったので、即レンタル開始可能でした。

ここら辺の細かい点に関してもご興味ある方は公式サイトでご確認下さい。

というわけで、ここからはタイトルに記載した通りでGooPassが何故ヤバかったのかについて。

GooPassがヤバい理由

GooPassは超迅速だった!

オンラインレンタルサービスになるため、とにかく迅速な対応をしてもらえるのかがとても重要になってくるわけですが、その点GooPassは100点満点でした。

実際にレンタル開始から返却、再レンタルまでの経緯を書いてみると

30日深夜1時

公式サイトからオンラインで審査書類提出

30日15時

シルバーバッジ付与

30日16時

富士フイルム「X-S10」のレンタル願い

31日16時

発送メール

1日午前中

ヤマト便で到着

6日午前中

ヤマトの集荷で返却

7日午前中

返却完了、再レンタル可のメール

7日お昼

Z50のレンタル願い

7日16時

発送のメール

8日午前中

ヤマト便で到着

こんな感じで、考えられる最速の対応といって間違いありません。

ダラダラされるとそれだけで止めたくなるわけですけど、GooPassはその点問題なさそうです。

もちろんGooPassの倉庫と私の家(茨城県)が近いからということもあるので、沖縄や北海道にお住まいの方だとこうはいかないはずですが、それでも可能な限り迅速に対応してくれるはずなので、この点気になっている方は心配無用かと。

GooPassは梱包等も丁寧だった!

GooPassを利用中
GooPassを利用中

こちらがGooPassから実際に届いた機材。

箱はビリビリっとやるだけで開封可能でカッターすら必要ありません。

ようこそ、GooPassのある世界へ」と書かれていました。

このダンボール箱と返却の際に再利用しますが、とにかく色々と丁寧でこれに関しても驚かされました。

注意書き等はダンボール箱の至るところに記述されているため、この箱に記載されている注意書きさえ読めば私のようなGooPass初心者でも何の問題もなく返却可能でした。

ご丁寧にハクバの

このクリーニングペーパーまでついています。

機材はこんな感じでラッピングの中に入れられていて、同じような状態で返却する形。

返却の際に梱包しますが、セロテープすら必要ないありません。

宛名も伝票が既に貼られているから、返却時に自分で記述する必要もありません。

ちなみにカメララッピングクロスはこのVANGUARDのもので、かなり厚手で使い勝手が良さそうなラッピングクロスで、

こんな感じでレンタルした富士フイルムのX-S10が包まれていました。

GooPassは借りたい機材が借りられる!

私は「Lv2パス」という1か月約1万円のコースに現在加入しているわけですが、やはり人気のカメラやレンズはレンタルされていることもあって「やっぱり満足にレンタルすることは出来ないのかな?」と思ったのですが、意外なほどに返却されることが多いのか

商品がレンタル可能になりました」と返却されてレンタル可能になったというメール連絡が入ってきます。

例えば、私がGooPass利用開始した1日から約1週間の間に、4アイテムも再レンタル可能になっていました。

  • FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS SEL200600G
  • FE 135mm F1.8 GM SEL135F18GM

このようなソニーの人気のあるレンズも最レンタル可能リストに含まれているため、恐らく人気のあるカメラやレンズはちゃんと複数台用意されていると思われます。

管理人
管理人

このような高額レンズも私の月額約1万円の「Lv2パス」で借りることが可能です

このような借りたい人が多いであろうフジの最新レンズもかなり頻繁に在庫が復活するようです。

もちろんタイミングがあって「SEL135F18GM」なんかは私がニコンのZ50をレンタルをお願いした4時間後に「レンタル可能になりました」とメール連絡が入ったため、今回は残念ながら借りることが出来ませんでした。

別の意味でGooPassのヤバいところ

と、色々と素晴らしいサービスでヤバいGooPassですが、ネガティブな意味でヤバい点もあって、それは「本当にちゃんと点検しているのか?」ってところ。

例えば私が最初にレンタルした富士フイルムのX-S10だと、

  1. 液晶に指紋がちょっとついていた
  2. カメラの設定が変更されたまま
  3. バッテリーが1メモリ減った状態

こんな感じで届いています。

いずれも本来ならば前使用者が処理すべき問題なのですが、GooPass側でちゃんと検品していれば気付いたのでは?と。

液晶に関しては多少は仕方がないと思うし、バッテリーに関してもそもそもX-S10のバッテリーの減りは異常に早く、カメラが届いた際にカメラ内にバッテリーが入っていたため、前使用者から返却されてGooPassの倉庫に保管されてから私の手元に届く段階で自然放電で減ってしまった可能性もあるかも知れません。(まぁ次に届いたZ50も1分くらい設定していただけで1メモリ減ったんですけども)

バッテリーに関して

満充電状態で返却することはGooPass側がユーザーにお願いの形で通達してあります

ただし、カメラの設定に関しては、ファンクションボタンやQメニュー等々の設定がグチャグチャだったから、検品の際にちょっといじればすぐに分かっただろうし、何しろご丁寧に前使用者が設定したであろう著作権情報の登録があったことでリセットをいないことが即バレでした。

撮影した写真をLightroomで読み込んだら、作成者の欄にシッカリと作成者名が入っていてビックリ。

これググったらインスタがヒットして、誰だか分かっちゃいました(もちろん個人情報までは分かりませんけど)。

こんなのは初期化すれば一発で消える項目ですから、使用者もGooPass側でもやっていなかったのがバレバレです。

ちなみに富士フイルムのカメラだと「リセット」の項目で3つ初期化すればOKなだけ。

それと設定に関しては、次にレンタルしたZ50だと、

ファームウェアのバージョンが古いままで全く更新されていませんでした。

これに関してもちゃんと検品して精査していれば分かるはずだと思うんですけどねー。

ちなみに4/8日現在のZ50の最新バージョンは「C:Ver.2.03」と記載されているので、かなり古いままなんですけどこれ。

私がやっても良いんだけど、それで万一故障しても嫌だしなぁー。

確かどのメーカーもファームウェアのアップデートで故障した場合は無料保証期間とか関係なく有無を言わさず有償修理になったような・・・。

Z50のオンラインマニュアルを読んだら「動物瞳AF」が使えるというので、設定しようとしたところ、Ver.2.00から搭載された機能ということで、古いバージョンのこの借りたカメラだと設定項目欄に「動物瞳AF」の項目がなくて試すことすら出来ませんでした。

対応自体は迅速丁寧で素晴らしいのに、なんでこういう基本的なところが抜けてるのかな・・・。

ってなわけで、2回レンタルしただけにも関わらず、ちょっとちゃんと検品しているの?との疑惑が浮上してしまいました。

GooPassはマジでヤバい!

そんなわけでGooPassは想像以上にクオリティが高いオンラインレンタルサービスで、私のような機材オタクにとってはマジでヤバいサービスでした。

これちょっと借りたい機材がなくなるまでサービス終了出来ないかも知れん・・・。

今の所の試算だと、結果的に5か月、約5万5,000円(送料含む)かかってしまう計算に。

ただし、返却しても借りたカメラやレンズで撮影したデータは自分の物にできるからその点もヤバいです。

一応梅雨の時期は一旦止めようかとは考えていますけどね。

梅雨の時期に満足に使える機材はオリンパスとペンタックスくらいですし。

私はOM-D E-M5 Mark IIと12-40mm F2.8を所有しているから、梅雨の時期でもとりあえず撮影可能なので。

こんな感じで、一旦中止なんかも自由に出来るのもとても便利かなと。

もし気になっている方は迷わず入会を・・・とは言わないでおこうかな。

会員が増えれば増えるほど競争激化で借りたい機材も借りられなくなるかも知れないので。

ただ、本当に迅速丁寧に対応してくれるし、なにしろ買うと10万、20万円するような機材がお手頃な月額利用料金で借り放題なのは本当にヤバいです。

ってなわけで、今私の手元にはJ5を手放して以降、久々に使っているニコンのカメラ「Z50」があって撮影を楽しんでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)