【超ガッカリ】評判の良い高額「KANIフィルター」のコーティング剥がれた

KANIの可変式NDフィルター
KANIの可変式NDフィルター

屋外で動画撮影するために1枚持っておいたほうが良いかなと思って購入していたKANIの可変NDフィルターです。

箱に記載がある通りで、ND2から400まで幅広く効果をかけることができ、フィルター径が82mmなので、ステップアップリングを使用すれば所有している全てのレンズで使えることができるため、NDフィルターとしては高額でしたが発奮して購入しました。

KANIフィルターとは?

ロカユニバーサルデザイン株式会社が日本総代理店で取り扱う中国製のレンズフィルター。

ロカユニバーサルデザインはKANI製品の企画・開発に深く関与しているとのことで、一般的な中国製の安かろう悪かろうのレンズフィルター製品とは一線を画する製品を作り続けているとのこと。

KANI NDフィルター可変式バリアブルND2-400

私が購入したのは可変式のNDフィルターで、光学ガラスに日本製AGC glassを採用しているという製品。

KANIのフィルターは角型が有名ですが、この一般的な丸形もなかなか評判が良いようなので購入しています。

私物のレンズフィルター類の一部
私物のレンズフィルター類の一部

ちなみにレンズフィルター類はレンズ保護フィルターを中心に数えてみたら全部で42枚ありましたけど、KANIのレンズフィルターはこれが始めての購入で、この1枚しか所有していません。

このKANIの可変NDフィルターはNDの数値や目印表記がないから確かなことは分かりませんが、MAXでND400の効果があるものの、ガチで使えるのはND64までくらいかなと思う点や、どのメーカーの可変NDフィルターも同じでしょうが、ND400付近まで回しているとX状のムラが出てしまうため、実質ND400は使えなかったりとそれなりに不満はあるものの、解像度の低下はほぼ無いように感じるし、非常に使いやすい可変NDフィルターだなと感じていました。

KANI NDフィルターのコーティング剥がれ

KANIフィルターのホログラムシール
KANIフィルターのホログラムシール

購入したのは2021年の3月末にヤフーショッピング内のロカユニバーサルデザイン株式会社直(本物には箱にホログラムシールがついているようです)で、ぶっちゃけ動画自体をあまり撮影していなかったからトータル5、6回くらいの使用でしたが、先日久々にケースから取り出してみたところ、何やら小さなポツポツがレンズフィルター表面の至るところにあるのを確認しました。

KANI可変式NDフィルターのコーティング剥がれ
KANI可変式NDフィルターのコーティング剥がれ

水しぶきでもかかったかのような跡に見えたたので、ブロアーで吹いたあと、

この蔵CURAのアルコールフリーのレンズクリーナーで拭き取ってみたのですが、これが全く落ちず・・・。

カビも疑いましたが、ググって色々と調べてみたらどうもレンズフィルターのコーティング剥がれのようでした。

私物のNDフィルター(ケースは適当)
私物のNDフィルター(ケースは適当)

NDフィルターだけだとこのKANIフィルターを含めると

  • MARUMIのNEO
  • MARUMIのDHG
  • KenkoのZXが2枚

今現在はこの5枚を所有しているので、全て確認してみましたが、いずれもこのようなコーティング剥がれはありませんでした。

一番右のNDフィルターがKANIのものですが、見づらいけどよくみるとこれだけ表面に白いホコリのような細かなブツブツが見えるかと。

他のNDフィルターは全て購入から2年以上は経過しているもので、ZXはコーティングが強力なはずですが、MARUMIの2枚は値段も安めで大したコーティングはされていないはずだとは思います。

ただ、KANIフィルターを除けばいずれも可変式ではありません。

ちなみにこのコンビは本当に素晴らしい商品なので超おすすめです。

アルコールフリーですが汚れが綺麗に落ちますし、液体のキレも良いから拭き取りもラクラク。

スマホやタブレットなんでもいけるし、デリケートな表面もこのコンビで拭き取ってトラブったことは一度もありません。

コーティング剥がれの原因&理由

KANI可変式NDフィルターのコーティング剥がれ
KANI可変式NDフィルターのコーティング剥がれ

どう見ても水しぶきがかかったのを放置したように見えるので、撮影してきたここ1年くらいの動画(大した数は撮影していない)の日付等を確認してみたところ、恐らく滝での撮影なのかなと。

ソニーのカメラでの使用なので、基本雨の日は持ち歩かないし、このフィルターを海に持ち出したことはないから波しぶきがかかったわけでもないし。

基本的に帰宅した段階で機材類は軽く清掃した後に防湿庫内で保管しているのですが、レンズ保護フィルター類に関しては目視で汚れが目立たなければ特に清掃はせず、ケースに入れて室内に保管しています。

高めのレンズにはZXをつけているからそもそもあまり汚れが付着することがないことや、安めのフィルター類は清掃することで逆に傷なんかがついてしまう可能性があるのが嫌なので。

そんなわけで、このNDフィルターも私がちゃんと確認&清掃を怠ってしまったのがコーティング剥がれの原因&理由だと考えています。

滝は真水ですが、場所によっては完全に綺麗な真水ではないでしょうし、コーティングが剥がれてしまうような化学物質が含まれていないとも限らないし。

それと一般的なNDフィルターは真っ黒だから汚れの付着が見やすいのですが、可変式NDフィルターの場合は効果を最弱側に回すと透明に近い色(このフィルターは黄味がかった若干暗めの色味)になるため、私の視力が0.2くらいでかなり弱いということも合わせて汚れの確認がしづらかったのかも。

また、使用頻度が低かったというのも良くなかったんでしょう。

滝の水が付着したまま長期間放置してしまったのが今回のコーティング剥がれに繋がってしまったようです。

コーティング剥がれの画質への影響は?

一応簡単に動画と静止画でチェックしてみましたが、特に影響はないように感じました。

写真の通りドット抜けのような無数のコーティング剥がれがあるので、そんな感じに映像や写真に影響が出るのかなと予想しましたが、とりあえず大丈夫っぽい。

逆光時等だったりもう少しちゃんと撮影してチェックしてみて、もし影響あるなら追記しておきます。

まとめ

高いNDフィルターだったから非常にショックを受けてしまいました。

やはり確認&清掃は必須ですね。

GooPassでお借りした機材なんかは返却する際に届いた時以上に綺麗にして返すように徹底的に清掃していましたが、自分の機材だとなかなかそこまではしないのが現実でした。

ただ、一応念の為にこのフィルターを除いた41枚全部確認してみたのですが、安いレンズフィルターを含めて他は1枚もこのようなコーティング剥がれは見つからなかっただけに、単に運が悪かっただけなのかも知れませんが、もう少しなんとか頑張れなかったのかなとも。

かなり良い日本製のレンズを使った製品とのことですし。

安いレンズフィルターだと何か購入した際におまけでもらったRangersというほとんどの方が馴染みがないであろうメーカーのPLフィルターなんかもあったのですが、使用頻度が極端に低いままで放置していたにも関わらず何の問題もなかったし。

まぁでも良い勉強になったと思ってこのまま使い続けてみるつもり。

やはり撮影から帰宅後の清掃は面倒くさくても必ず行うべきですね。本当に大失敗しました。

4 COMMENTS

シンクロン

外気の影響で膜剥がれは通常使用では起きません。水分付着も然り。見たところ製造過程における蒸着前の洗浄不具合のようですが。

返信する
管理人hiroa

情報有難うございます。
そういうものなのでしょうか?
一度メーカーに問い合わせてみたほうが良いのかもですね。

返信する
くまさん

某レンズメーカーにてコーティングを担当している者です。
シンクロンさんの仰る通り汚れ、水分の付着でコーティングが剥がれることはありません。
製造過程においてフィルター表面の状態に問題がありその上にコーティングをしてしまった為に膜抜けした可能性が高いです。
日本製の硝材を使っていても製造における品質管理が日本メーカーの製品同等に行われているかは微妙な所かと思われます。

返信する
管理人hiroa

情報有難うございます。
無料保証期間が過ぎていることや、私自身の過失だと考えていること、
鼻で笑われそうな事象なのかなとも思い問い合わせませんでしたが、
お二方から同様なご意見を頂いてますので、
写真と頂いた考えられる症状を提出して問い合わせて、
その後を追記の形で記述したいと思います。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)