カメラの汚れ落としは断然コレ!

中華フィルター「K&F Concept」で画質や解像度低下が起こるのか調べてみた結果

K&F ConceptのNANO-X ブラックディフュージョン
K&F ConceptのNANO-X ブラックディフュージョン

カメラユーザーには既にお馴染みのメーカーかも知れませんが「K&F Concept」という中国メーカーのレンズフィルターを購入していたので、これを装着して画質の低下や解像度の劣化が起こるのかチェックしてみました。

一昔前までだと中国メーカーのレンズフィルターは、ケンコーやマルミが普通に安価で購入可能な日本国内でわざわざ購入対象になるかといえばならなかったと思いますけど、今の製品クオリティはどんなもんなのかと。

NANO-X ブラックディフュージョン

私が購入していたのはK&F Conceptの「NANO-X ブラックディフュージョン 1/4」というやつ。

私は室内でのうちの猫たちの撮影がカメラ使用のメインなので、ちょいちょいは使っていましたが、頻繁には使っていませんでした。

いつ買ったのか調べてみたら、2021年の5月頃でしたけど。

紅葉撮影に使ってみると面白いかなと思い、今回実践前にテストしてみることにしています。

NANO-Xシリーズとは?

K&F Conceptもケンコー等と同様で、フィルター類も様々なラインがありますが、このNANO-Xシリーズは恐らく最上位ライン(モデル)になると思います。

  • 日本のAGC光学ガラス
  • 28層ナノマルチコーティング
  • 耐水性、耐油性、耐擦傷性、防塵性

これがNANO-Xシリーズのレンズフィルターの特徴のようです。

フィルターオンオフで画質の比較

早速フィルターのオン・オフで画質にどのような影響があるのか試してみることに。

before画像after画像

最初に平面なのと、網目が見えるので、分かりやすいかと思いコールマンの椅子を撮影してみました。

ピント位置は丁度「R」のところで、三脚設置、JPEG撮って出しです。

最初にフィルターオンで撮影し、その後フィルターをオフにしてもう一枚撮影しています。

フィルターオフのほうがコントラストが高く、クッキリ見えるのは、このフィルターがブラックミストだから。

管理人
管理人

ディフュージョンとついていますが、名前だけ異なる実質ブラックミストです。

ピントの芯を保ったまま光を柔らかく拡散し、コントラストを抑えることで捉えた光をさらに美しく演出します。ポートレート撮影では肌の質感を整える効果があり、自然でなめらかな印象を持たせるとともに、レタッチ時の効率を上げることができます。

Amazon商品説明より

という効果があるそうで、非常に人気が高いフィルター。

ちょっと画像が小さくて分かりづらいかも知れませんが、Lightroom上で200%に拡大して並べてみたところ。

ちなみに200%でここまで拡大するのは、カメラに高画素機のα7RⅢを使用しているからです。

右がフィルターオンの状態ですが、ブラックミストの効果がかかっていてコントラストが抑えられている分、一見すると何となく解像度が低下しているように見えますが、実際はほとんど見分けがつかないレベルで全く一緒でした。

フィルターオンのほうだけコントラストと文字の黒色を強調するためにLightroomでコントラストとトーンカーブのダークの値をいじってみてなるべく色味を合わせてみて、300%に拡大して並べてみましたが、やはりフィルターオンオフで写りはほとんど変わりませんでした。

before画像after画像

次にフィギュアを窓際に置いて、ブラックミストの効果がより強調されるシチュエーションで撮影してみました。

奥の右目にピントは合わせています。

Lightroomで2枚並べ、目を等倍で比較してみましたが、ブラックミスト効果が更に強く掛かっているぶん分かりにくくなっただけで、やはり変わらず

頬の部分の凹凸もやはり一緒で大きな変化はありませんでした。

まとめ

少なくてもこのNANO-Xシリーズのブラックミストに関しては画質や解像度の低下は見られず、安心して使用することが可能だと感じました。

最上位のラインで日本製ガラスを使用していたりもするので、ケンコー等の物と比較しても遜色ないというか、防汚効果等ある分むしろ上だったりするのかも知れません。

私はケンコーのブラックミストも49mmサイズですが所有していますが、フィルターのサイズ差が大きすぎるからかも知れませんが、効果に関しては違いはあまり分からないんですよね。

ちなみに何でケンコーからもブラックミストフィルターが出ているのにあえてK&F Conceptのフィルターを購入したのかというと、その当時人気爆発中で品切れ続出で購入できなかったから。

それと、この時点では価格差が大きく、こちらのほうがお買い得感満載でした。

ただ、今再度チェックしてみた限りでは、K&F Conceptとケンコーとで価格差は少なくなっているようです。

ってなわけで、どちらを購入しても大差ないと思うので、お好きなほうをご購入されると良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)