ソニーのカメラ「α7シリーズ」のグリップラバー剥がれ修理費は?

α7Sのグリップラバー剥がれ

α7Sのグリップラバー剥がれ

α7Sの底面部分のグリップラバーが剥がれてしまいました。

このα7Sは2015年の6月に購入しているから、そろそろ4年になるわけで、あちこちガタがきてもおかしくはないのかなとは思うものの、外に持ち出してないんですよねー、このカメラ。

外に持ち出したのは恐らく合計3回だけくらい。

私にとっては初めて購入した高額カメラだったからそれだけ大事に使ってきたってことと、そもそも外出時にカメラを欠かさず持ち歩く人間じゃないこと、あとは他にもカメラを沢山持っているからってのが理由なんですけど。

ツァイスレンズの「SEL55F18Z」を付けっ放しにして、うちの猫ちゃんたちを撮影する専用機みたいな扱いでした。

総ショット数もLightroomでデータ管理しているから分かるんだけど、22,000枚くらいだし、外観も傷ひとつなく非常に綺麗。

雑な扱いとか一切していないのに、これでラバーが剥がれてしまうのは「ちょっとなぁー」って気は正直していますが、経年劣化で接着剤が弱くなってしまうのは仕方がないのかも知れません。

このカメラのグリップ部分のラバー剥がれの症状はメーカー問わず多々起こる症状のようで、ちょっとググると大量にヒットしましたし。

α7の旧機種はゴムが剥がれやすい?

α7Sを見てもらえば分かるのですが、α7の旧機種は現行機種とは異なる形でカードスロットがボディサイドに付いています。

そのため、底面にボディとの接着面積が狭くなる今回剥がれた細いラバー部分が出来てしまうため、どうしてもこの部分が剥がれやすい形になっているのかもです。

しかもα7Sなんかは底面にまでラバーが貼られているから、置く度に少なからず擦れるてしまうだろうし。

例えばα7RIIIなんかは底面にまではラバーは貼られていません。

ですから置いてもラバーが擦れることがないです。

私の古い60Dも底面にまでラバーは貼られていないので、置いた際に摩擦で擦れることもないからか、未だにどの部分のラバーも全く剥がれたりしていません。

α7シリーズのラバー交換はいくらなのか?

修理金額によってはグリップラバーを貼り替えてもらって気持ちよくまた使いたいと考えましたので、一応サポートに電話で問い合わせてみて修理費用の概算を教えてもらおうと思ったところ、返答は「修理費用の概算は目安にある通りなので、送ってもらわないと答えようがない」との返事。

その概算ってのはソニーの公式サイトにあるこれのことみたいです。

https://www.sony.jp/support/repair/repair_price/ichigan.html

概算って言っても滅茶苦茶アバウトじゃんこんなの。

「いや送っちゃうと修理やめる場合でも送料の出費が必要なわけだし、ラバーが剥がれているだけなんで、ラバー交換の概算でいいから教えてくれませんか?」と食い下がるも「お答えできかねます」とのことでした。

「あくまでもここは受付窓口なんで」みたいな。

マジで融通効かねーなーソニーのサポートって・・・。

上の概算見積もり以外にも一応機種ごとの修理費目安も調べられるんだけど、

https://www.sony.jp/support/repair/repair_price_online.html

α7Sはたった4項目しか出てこないし…。

調べたら真っ先に「液晶画面に線が入っている」がヒットしましたけどね。

α7Sが突然故障!α7III買うならソニーストアで必ず長期保証つけて!

私のα7Sの液晶も全く同じ症状が出て、何故かうちの場合は放置で直ったけど、やっぱりこの症状出る人が多いのかも。

修理していた場合は「32,000円 +税」だったみたい。

そんなわけで、こんなタイトルで記事書いておいてなんですが、送料かけて送るのもバカらしいから、アロンアルファかなんかを使って自分で接着することにしました

他のメーカーの対応は?

念の為に他のメーカーはどういう対応しているのだろうか?と思って試しにニコンを見てみたところ、

https://recept.nikon-image.com/repair/EventSelectInit

ニコンなんてこんなシッカリ(実際はもっと下まで項目が並んでいます)書かれていましたよ。

「ゴム交換オプション」って項目もちゃんと選択可能で、修理費用もソニーのようにメーカーにわざわざ送らずともこの公式ウェブサイト上で確認可能でした。

D750クラスだと11,400円とのことだから、ひょっとするとα7Sもこのくらいなのかも。

ニコン以外のメーカーはチェックしていないので分かりませんが、少なくてもニコンはちゃんとこのように書かれていました。

まとめ

カメラのグリップのラバー剥がれって発生しやすい事象なんだから、ニコンのように公式サイト上でチェック出来ないとしても、せめてサポートに電話すれば概算見積もりを教えられるくらいの対応はして欲しいものです。

仮にニコンのD750と同額程度の修理見積もりだったら私は自分で直したんで、完全に無駄な往復の送料を負担しなければいけないところでした。

あ、そういや秋葉原にまで持ってきてくれれば送料負担なしで修理を受け付けられるとは言ってましたけどね。

私の住まいは茨城なので、一番近くだと秋葉原になるそうな。

いずれにしてもラバー交換だけをお願いしたい場合でも、一度はソニーに送らないと概算見積もりすら出せないと言うのがソニーの対応のようです。

ただし、私の購入店舗は「PCボンバー」でネット通販だからダメだけど、「カメラのキタムラ」だったり「ケーズデンキ」とかの近くの大型店舗で買っていたらソニーを通さず購入店舗の修理会社で修理してもらうってことも出来たのかも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)